Skip to content


中間貯蔵施設の試運転公開 福島、除染廃棄物を分別 via 産経ニュース

環境省は22日、東京電力福島第1原発事故に伴う福島県内の除染で出た廃棄物を保管する中間貯蔵施設(同県双葉町、大熊町)で、廃棄物分別施設の試運転を報道陣に公開した。今秋の本格稼働を目指しており、汚染土壌や草木などの廃棄物を適切に分別できているかどうかを確認した。

 公開されたのは7日から試運転が始まった「受け入れ・分別施設」。ダンプカーの荷台にある土壌が入った黒色の袋を重機でつり上げ、ベルトコンベヤーに乗せる作業を実施した。

 袋を破いた後、土壌をふるいにかけて異物を取り除いた上で、放射性セシウムの濃度が1キログラム当たり8千ベクレル超と8千ベクレル以下のものに分別する。分別した土壌は、施設が本格稼働した後に土壌貯蔵施設に移す。

(略)

 中間貯蔵施設は2町にまたがる第1原発の敷地を囲うように建設している。

全文は中間貯蔵施設の試運転公開 福島、除染廃棄物を分別

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.