Skip to content


浜岡原発 放射性物質含む粉状の堆積物が見つかる via 毎日新聞

廃棄物減容処理装置建屋の地下2階

 中部電力は2日、浜岡原発(静岡県御前崎市)の廃棄物減容処理装置建屋の地下2階で、放射性物質を含む粉状の堆積(たいせき)物が見つかったと発表した。基準値以上の放射能量が測定されたため、立ち入り制限を行った。

(略)

 中部電によると、2日午後2時30分ごろ、協力企業の作業員がドラム缶保管室などの排水升付近に粉状の堆積物があるのを発見。堆積物は直径約0.5ミリの球状の樹脂で、排水升周辺の計5カ所で見つかった。

 1平方センチ当たりの放射能量は最大141ベクレルで、基準値(40ベクレル)の3倍超にあたるという。排水升から流れてきたものとみられるが、中部電は「詳細や原因は調査中」としている。【松岡大地】

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.