Skip to content


2号機の足場から湯気を確認 冷却水が溶融燃料熱で蒸発か via 産経ニュース

東京電力は30日、福島第1原発2号機の原子炉格納容器内部に、カメラや線量計を搭載した自走式ロボットを投入するなどして撮影した画像を鮮明化して分析した結果を発表した。原子炉直下にある格子状の作業用足場の下から立ち上っている湯気を確認した。原子炉冷却のために注いでいる水が足場の下に溶け落ちた核燃料(デブリ)の熱で蒸発した可能性がある。

(略)

2号機では圧力容器の内部にデブリの大部分が残り、一部が底部を突き破って流れ出たと推定されている。画像の鮮明化でもデブリは見つからなかった。鮮明化した画像では、足場にこれまで判明していたよりも広範囲の脱落が見つかった。

全文は2号機の足場から湯気を確認 冷却水が溶融燃料熱で蒸発か

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.