Skip to content


これが会社が犯した罪… 東電社員、福島で背負う十字架 via 朝日新聞

(抜粋)

■「安定企業」原発事故で一変

2011年5月。東京電力社員の吉田英樹(47)は、原発事故による賠償金の仮払い手続きのため、福島県飯舘村にいた。村は政府の計画的避難区域に指定され、6千人超の全村民の強制避難が迫っていた。

新緑が鮮やかだった。あぜ道に初老の男性が座り込み、うなだれていた。

「東電です。この度は申し訳ありませんでした」。声をかけるが反応は薄い。

子ども同然の牛50頭を殺処分し、我が家を去る。いつ戻れるかはわからない――。「あんたにこの気持ちがわかっか」。男性の目には涙が浮かんでいた。

「東電が憎い。憎くてしょうがない」。沈黙が続く。そして「でも、あんたも大変だな。お茶でもいれっから、飲んでけ」。

悲嘆を押し殺し、加害企業の社員である自分にねぎらいの言葉をかける優しさ。そんな人の人生を壊してしまった。「これがうちの会社が犯した罪なのか」。吉田は泣き崩れた。

(略)

1年余りの間、何人もの被災者に「賠償は要らないから、元の生活を返してくれ」と言われた。言い分に心の中でうなずくこともあった。今年7月、寺山は再び栃木県に異動した。いま、こう考えている。「東電社員なら、一度は福島で暮らし、働くべきだ」=敬称略(川原千夏子)

全文はこれが会社が犯した罪… 東電社員、福島で背負う十字架

Posted in *日本語.

Tagged with , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.