Skip to content


福島大 来年4月、「教職大学院」開設 復興に教育面で寄与 /福島via毎日新聞

福島大は7日、高い専門性を持った教員を育てる「教職大学院」の設置が8月26日付で許可され、来年4月に開設すると発表した。放射線や防災に関する講義を盛り込んで、子どもの心的ケアなど東京電力福島第1原発事故や東日本大震災からの復興を教育面で担える教員を養成する。

[…]
県内では、震災時の原発事故や津波の体験からくる心的な不安や、長引く避難生活によるストレスを抱える子どもが多いとされる。教職大学院では共通の学習領域として放射線や防災に関する知識を学び、メンタルヘルスに役立てる。

 また、学校現場でリーダー役を担える中堅・若手教員を育てる「ミドル・リーダー養成コース」など三つのコースに分かれ、学生が自ら目指す教員像を実現する。

[…]

もっと読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. norma field says

    どんなスタンスでこどもたちの「心的ケア」に取り組む指導をするのだろう。安易で有害な「復興」プロパガンダに終止しないことを切に願う。



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.