Skip to content


原発、新知事に理解求める 九電取締役「丁寧に説明したい」 [鹿児島県] via 西日本新聞

 鹿児島県知事選で当選した三反園訓(みたぞのさとし)氏が公約通り、九州電力に川内原発(同県薩摩川内市)の一時停止や再点検を申し入れた場合の対応について、九電の山元春義取締役(原子力担当)は「長期間、安全第一で運転してきた。(申し入れがあれば)丁寧にきっちり発電所の状況を説明させていただきたい」と述べ、運転継続に理解を求める考えを示した。15日、同原発を視察した県議会総務委員会の委員の質問に答えた。

 山元取締役は「国の規制基準をクリアし、安全をしっかり守っている。まずはしっかり安全運転を続ける」と継続運転を強調した。

 定期検査でいったん停止させた原発を再び稼働させる際、法的には県知事や地元の薩摩川内市長の同意は必要はない。

 ただ、三反園氏は「脱原発」を公約に掲げており、今後、地元の理解をどうやって得るかを問われた山元取締役は「現段階では定期検査の計画については変更ない。手順通りに地元に報告しながら進めていく」と説明。熊本地震を受けた施設の点検については「揺れはあまりなかったが、地震計など機器を入念に確認していく」と安全確保に取り組む考えを示した。
[…]

もっと読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.