Skip to content


震災5年 爪痕なお深く…群馬に重い課題 via 産経ニュース

東日本大震災から11日で5年が経過し、県内でも各地で追悼行事が行われた。県内には今も1189人(2月末時点)の避難者が暮らし、生活再建を模 索している。東京電力福島第1原発事故の影響は、指定廃棄物の処分をめぐる問題や中国、韓国、台湾などの県産食品禁輸措置など、5年が経過しても解決に 至っていない課題をもたらし、震災の爪痕はいまなお深く残っている。(大橋拓史)

◆指定廃棄物

放射性物質を含む指定廃棄物は現在、前橋、高崎、桐生、渋川、富岡、安中、榛東の7市村で計約1187トン保管されている。

指定廃棄物をめぐっては、国は県内に最終処分場を建設し、1カ所に集約する方針を示していたが、自治体から異論が相次ぎ、平成25年7月以降、議論は停滞していた。

環境省は指定廃棄物を抱える自治体の意見をふまえ、指定廃棄物の指定解除に関する仕組みの整備に着手し、基準値の1キログラム当たり8千ベクレルを下回ったものについては、指定解除を行った上で、通常の方法で処理できるよう省令改正を進めている。

(略)

◆県産食品の禁輸

原発事故後、放射能の影響を懸念し、県産食品に輸入規制をかける国が相次いだ。カナダやメキシコなど規制を解除した国もあるが、中国、韓国、香港、台湾、マカオの5つの国・地域は輸入規制を継続しており、県産食品輸出の障害になっている。

県農政部によると、規制対象を全部としている中国を除き、他の4つの国・地域の規制対象はバラバラで、「規制の根拠は不明」だという。

全文は震災5年 爪痕なお深く…群馬に重い課題

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.