Skip to content


「核と被ばくをなくす世界社会フォーラム」にご参加を!via レイバーネット

いよいよ明日から「核と被ばくをなくす世界社会フォーラム」が開催されます。財政面でも強力に協力ください。以下転送歓迎。(I)

============

賛同金(個人2000円、団体5000円)を集めています!まだの方はぜひ!
郵便振替 名称:反核WSF基金 口座番号:00110-0-696242

★核と被ばくをなくす世界社会フォーラム2016

http://www.nonukesocialforum.orghttp://www.nonukesocialforum.org/wp-content/uploads/2016/03/nonuke323camp.flyer_
.pdf

【¥】共通チケット2000円(いわき集会は除く) 一回券1000円
 ※財政事情が厳しい方はご相談ください。

◆3月23日(水)

◎「核と被ばくをなくす世界社会フォーラム2016」オープニングフォーラム
18:30~21:00 在日本韓国YMCA9階 国際ホール
発言:シコ・ウィタケー( ブラジル、世界社会フォーラムの創始者の一人)、各分科会主
催者、海外からの参加者
※レイバーネットTVでウェブ中継があります。
http://www.labornetjp.org/news/2016/0323tv

◎ プロジェクション「反核」 在日本韓国YMCA付近(18:30~19:30)

◆3月24日(木)

◎「核と被ばくをなくす世界社会フォーラム2016」福島集会(いわき)
18:00~21:00 いわき市労働福祉会館3階 大会議室 500円
発言:木幡ますみ(大熊町町議)、佐藤和良(前いわき市議)、桂武(いわき自由労組)
、ノーニュークス・アジアフォーラム参加者(韓国、トルコなど)、ムィコラ・ヴォズニ
ューク(ウクライナ、チェルノブイリ原発事故処理作業者)、ヴァレンティン・ヘルマン
チュク(ウクライナ、チェルノブイリ原発事故処理作業者)、 ベルナール・ラポンシュ
(フランス、原子炉物理学、元仏原子力・環境エネルギー庁高官)

(略)
◆3月26日(土)

◎「原発のない未来へ!3・26全国大集会」に参加・ブース出展
11:00~14:40 東京・代々木公園(14:40からデモ出発)
世界からの参加者と一緒に脱原発の声をあげよう!

◎分科会 映画「サクリファイス」上映と監督の歓迎会
19:00~21:00 在日本韓国YMCA3階 会議室303
発言:ヴラディーミル・チェルトコフ(イタリア、映画「真実はどこに」「サクリファイ
ス」監督)
趣旨:「サクリファイス」はチェルノブイリ原発事故後、収拾作業に従事した人々のその
後の健康被害を撮り続けたドキュメンタリー。チェルトコフ監督から直接、その長い撮影
期間において見つめてきた放射能と健康被害について話してもらう。

(略)
◆3月27日(日)

◎分科会 原発を輸出しないで!アジアの人びとの叫び
10:00~12:30 韓国YMCA地下 スペースY
発言:メティン・ギュルビュズ(トルコ、シノップ反原発プラットフォーム)、プナール
・デミルジャン(トルコ、脱原発プロジェクトnukleersiz)、ラリター・ラームダース(
インド、核廃絶と平和のための連合)、アミルタラージ・スティフェン(インド、反核運
動全国連合)、イ・ホンソク(韓国、エネルギー正義行動)、コラソン・ファブロス(フ
ィリピン、非核フィリピン連合)など
趣旨:欧米諸国で行き詰った原子力産業は、生き残りをかけてアジア各国でその動きを強
めている。日本でも原発輸出の問題が深刻さを増している。本分科会では、原発を輸出さ
れる側の声に耳を傾ける。そして、輸出する側の国に住む者がどうすべきかを明確にし、
原発輸出を「挟み撃ち」にして食い止めるための議論のきっかけとしたい。

(略)
◎分科会 被曝労働問題の現状 フランス・ウクライナ・韓国・日本
15:40~18:25 韓国YMCA地下 スペースY
発言:フィリップ・ビヤール(フランス、原発下請労働者)、ムィコラ・ヴォズニューク
(ウクライナ、チェルノブイリ原発事故処理作業者)、ギム・ヅチョン(韓国、原発非正
規職労組)、池田実(元原発収束作業および除染労働者)
趣旨:被曝労働問題はどの国でも社会的には闇の中にあり、原発が抱える問題の中に位置
づけられていないことが多い。各国の現状を報告し、共通の課題を抽出する。

◎分科会 エートス問題と国際原子力ロビー 無知の戦略
18:30~21:00 韓国YMCA地下 スペースY
発言:ヴラディーミル・チェルトコフ、松井英介 (岐阜環境医学研究所所長)、テイエ
リー・リボー(フランス国立科学研究センター研究員)、セシル・アサヌマ=ブリス(都
市社会学者)、コリン・コバヤシ(フリージャーナリスト)
趣旨:福島惨事後5年を経た現状は、国際原子力ロビーと日本政府当局が一体となった無
知の戦略が覆っている。この戦略はまずリスク・コミュニケーションという形を取り、安
心・安全キャンペーンを繰り広げる。あるいは、ダイアログ・セミナー、車座の茶話会(
福島のエートス)、地域シンポジウムのような形を取り、疑似科学的な無知を住民にすり
込もうとする。今日、不可視にされつつある国際原子力ロビーのグローバルなフクシマ支
配を提起し、その戦略を検証する。

詳しくは「核と被ばくをなくす世界社会フォーラム」にご参加を!

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.