Skip to content


元作業員が東電など提訴=「原発作業でがん発症」-札幌地裁 via 時事ドットコム

福島第1原発事故の収束作業に従事したことが原因でがんを発症したなどとして、札幌市に住む元作業員の男性(57)は1日、東京電力など3社に計約 6500万円の損害賠償を求める訴訟を札幌地裁に起こした。原告弁護団によると、事故収束作業と発がんの因果関係を争う裁判は全国で初めてという。

他の2社は、元請けの大成建設(東京)と下請けの山崎建設(同)。

訴状によると、男性は2011年7~10月の間、福島第1原発で重機作業に従事。12年6月にぼうこうがん、13年3月に胃がん、同5月にはS状結腸がんが見つかった。

男性は13年8月に富岡労働基準監督署(福島県)に労災を申請したが、今年1月に不支給となり、福島労働局に審査請求を行った。

男性の被ばく線量は累積で56.41ミリシーベルトだったが、実際は線量計を着けずに屋外で作業したことがあり、被ばく線量は国ががんとの因果関係認定の目安とする累積100ミリシーベルトを超えたと主張している。

続きは元作業員が東電など提訴=「原発作業でがん発症」-札幌地裁

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.