Skip to content


政府の避難指示解除方針を批判=福島・飯舘村で環境団体専門家 via 時事ドットコム

国際環境保護団体グリーンピースの放射線防護専門家ヤン・バンダ・プッタ氏は21日、東京都内で記者会見し、東京電力福島第1原発事故で全村避難が続く福 島県飯舘村の放射線量を調べた結果、「住民の帰還が認められないほどの(高い)レベルにある」と述べ、政府の示している避難指示解除の方針を批判した。

プッタ氏は、飯舘村では除染後も調査地点の96%で安全の目安となる毎時0.23マイクロシーベルトを上回る放射線量を測定したと説明。線量も横ばい傾向にあるとして、長期にわたる被ばくが「住民にとって深刻な問題になる」と強調した。

さらに、同村の面積の75%を占める山林の除染は「不可能だ」と指摘。除染後に山林から再び汚染が広がる恐れがあると警告した。

続きは政府の避難指示解除方針を批判=福島・飯舘村で環境団体専門家

Posted in *English.


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.