Skip to content


川内原発1号機 再稼働は8月中旬以降に via NHK News Web

(抜粋)

原子力規制委員会から国の新しい規制基準に初めて適合しているとされた川内原発では、ことし3月末から1号機で先行して再稼働の前に必要となる設備の検査が進められています。
九州電力は、1日、先月下旬に設計の認可が下りた中央制御室の空調など2号機と共用する設備を含めた最新の検査の工程を原子力規制庁に示しました。
九州電力によりますと、当初の計画より共用設備などの検査に時間がかかるため原子炉に燃料を入れる時期が来月上旬に遅れ、これに伴って、来月下旬としていた再稼働の時期が8月中旬以降にずれ込む見通しになったということです。
川内原発1号機の再稼働の時期は、当初は来月初旬とされていましたが、準備不足などでたびたび遅れているうえ、今後、重大事故を想定した訓練を行って規制委員会の検査を受ける必要があり、再稼働にはさらに時間がかかる可能性があります。

全文は川内原発1号機 再稼働は8月中旬以降に

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.