Skip to content


経産省前テントの撤去命令=脱原発運動の拠点-東京地裁 via 時事ドットコム

経済産業省の敷地内に設置された脱原発市民グループのテントについて、国が不法占拠だとして代表者2人に撤去などを求めた訴訟の判決が26日、東京地裁で あった。村上正敏裁判長はテント撤去と敷地明け渡しに加え、土地使用料などとして約1140万円の支払いを命じた。判決確定前に強制執行できる仮執行も認 めた。

市民グループ側は「経産省の業務は妨害しておらず訴権乱用に当たる。脱原発を訴えるための正当な行為だ」と反論したが、村上裁判長は乱用には当たらないとした上で、「脱原発と土地の占有とは直接結びつかない」と退けた。

続きは経産省前テントの撤去命令=脱原発運動の拠点-東京地裁

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.