Skip to content


中国が、26基の原発を新たに建設 via Iran Japanese Radio

中国政府が、「新たに26基の原子力発電所を建設することで、原発の建設を再開する」としました。

中国の英字新聞チャイナ・デイリーによりますと、中国国家核安全局の責任者は17日土曜、「2011年の福島第1原発事故を受け、中国は原発の安全基準を確認するため、現在原発の建設作業を中断させている」と述べています。
この責任者は、「中国は現在、一部の原発の稼動を再開させる用意があり、これに関する自国の活動を力強く推進しようとしている」と語りました。
また、中国国家核安全局の副長官もチャイナデイリーに掲載されたコメントの中で、「中国の原発の現状は、過去30年間で最も安全な水準にある」としています。
同副長官はまた、「中国には、現在22基の原発が存在する」とし、「中国は、26基の原発を建設中である」と述べました。

全文は中国が、26基の原発を新たに建設 

関連記事:

China has 22 nuclear power generating units in operation and another 26 units are under construction, the most in the world. China’s nuclear history has not seen any incidents of Class II level or above.

Over 110,000 radioactive sources and almost 130,000 ray devices are in operation across the country, making China a huge player in the use of nuclear technology.

Posted in *English.

Tagged with , , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.