Skip to content


プール冷却停止 スイッチが原因 福島第一2号機via 東京新聞

東京電力福島第一原発2号機で二十七日夕、使用済み核燃料プールの冷却が止まった問題は、冷却用ポンプの弁を動かす空気圧縮機のスイッチが、本来は運転する方に入っているはずなのに「停止」になっていたのが原因だったことが、東電への取材で分かった。
 東電は、冷却停止直前にスイッチの周りで誤操作につながるような作業がなかったかなど、スイッチが動いた原因を調べている。
 冷却は停止から四時間半後の同日午後九時半、ポンプを再び動かして再開した。空気圧縮機が止まったことで、空気が送られなくなったポンプが止まり、冷却できなくなっていた。

全文を読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.