Skip to content


【出産回復傾向】地道な取り組み継続を(10月20日)via 福島民報

東京電力福島第一原発事故後に落ち込んだ県内での出産の回復傾向が続いている。県内15医療機関の平成25年度の全出産件数は5970件と事故前の水準に戻りつつある。県内外から実家に戻って子どもを産む「里帰り出産」も1050件と大台を超えた。調査を続けている県産婦人科医会は「放射線に対する理解が広がり、妊婦らの不安が和らいだのが要因」とみている。事故後から続く官民を挙げた地道な取り組みの成果といえるだろう。
[…]
東京電力福島第一原発事故後に落ち込んだ県内での出産の回復傾向が続いている。県内15医療機関の平成25年度の全出産件数は5970件と事故前の水準に戻りつつある。県内外から実家に戻って子どもを産む「里帰り出産」も1050件と大台を超えた。調査を続けている県産婦人科医会は「放射線に対する理解が広がり、妊婦らの不安が和らいだのが要因」とみている。事故後から続く官民を挙げた地道な取り組みの成果といえるだろう。

もっと読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.