北電の泊原発事務棟で発煙 放射性物質の漏えいなし via 北海道新聞

5日午後2時45分ごろ、後志管内泊村の北海道電力泊原発敷地内の事務棟で発煙があった。煙はすぐに収まり、けが人はいなかった。事務棟は1~3号機とは別の建物。北電によると、放射性物質の漏えいはない。

事務棟は「総合管理事務所」と呼ばれ、当時は耐震補強工事のため、北電の協力企業が4階一室の鉄骨を露出させ、鋼材と溶接する作業をしていた。周囲に断熱材などがあったといい、地元消防が調べている。

続きは 北電の泊原発事務棟で発煙 放射性物質の漏えいなし

This entry was posted in *日本語 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.