福島第一原発のALPSでトラブル、全系統で処理停止 via TBS News

福島第一原発で、増え続けている汚染水から放射性物質を取り除く多核種除去設備=ALPS(アルプス)の一部で、汚染水を浄化できていない異常がわかり、東京電力は18日、全てのALPSで処理を停止しました。

東京電力によりますと、3系統あるALPSのうち1系統の出口で17日に採取した水を調べたところ、ベータ線を出す放射性物質が通常は1リットル当たり 数百ベクレル程度のところ数千万ベクレル程度と高濃度で、ほとんど処理ができていないことがわかりました。東京電力はトラブルの原因を調べるとともに、念 のため他の2系統も18日の午後に停止し、処理能力の確認を行っています。

続きは福島第一原発のALPSでトラブル、全系統で処理停止

This entry was posted in *日本語 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.