Skip to content


チェルノブイリ原発近辺の森林、放射能の影響によって腐敗が遅れる via Slashdot

ストーリー by hylom2014年03月17日 17時32分
殺菌された森 部門より

あるAnonymous Coward 曰く、

チェルノブイリ原子力発電所での事故発生から28年が経とうとしているが、発電所周辺の土地では枯れ木や落ち葉などの腐敗速度が遅いことが明らかになったそうだ(Smithsonian Magazineslashdot)。

チェルノブイリ周辺に生息している鳥の脳は通常よりも著しく小さく、樹木の成鳥は遅く、虫や蜘蛛の数が少ないことなども分かっているという。サウスカロラ イナ大学の研究チームが行った調査ではその影響はさらに小さな微生物や菌類にもおよんでおり、これによって倒木や枯れ葉などが土に還るサイクルが変わって いるようだ。

(略)

1年近く後に枯れ葉の状態を確認したところ、汚染されていない場所では重量にして7~9割分の枯れ葉が無くなっていたのに対し、汚染箇所では6割が残っていたとのこと。また、このような枯れ葉の堆積により山火事の危険性が高まることも危惧されるそうだ。

なお、研究チームは今後同様の調査を福島でも行う予定だそうだ。

全文はチェルノブイリ原発近辺の森林、放射能の影響によって腐敗が遅れる

当サイト関連記事:Forests Around Chernobyl Aren’t Decaying Properly via Slashdot

Posted in *日本語.

Tagged with , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.