Skip to content


批判乗り越え、若者支援NPO イラクで人質・今井さんvia 朝日新聞

【石橋英昭】9年前、劣化ウラン弾の危険性を訴えようと戦闘が続くイラクを訪れ、武装勢力の人質になった札幌の若者がいた。今井紀明さん、当時18歳。「自己責任だ」。救出後、激しいバッシングに苦しんだ。いま27歳。自信を持てない通信制高校生を支援するNPOを、大阪で立ち上げたところだ。
 通信制高校生向けのキャリア教育に取り組むNPO法人「D×P(ディーピー)」は、昨年春に発足した。今井さんはその共同代表だ。
通信制高校は不登校や中退者の受け皿として増え続け、生徒数は19万人。いじめられた経験などを持ち、前へ進めない生徒が少なくない。公的な支援は手薄。卒業後も2人に1人は、就職も進学もしない。
[...]
「どれだけ否定された人間であっても、存在価値はある」。大阪市内の事務所で、今井さんは熱く語る。
 9年前の事件と、その後のつらい時があったからこそ、ここにたどり着いた。もがいていた自分と、今の高校生たちとが重なる。

もっと読む
全文は会員登録(無料)が必要。

◇この記事を受けて、今井氏がブログに書いた一文

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.