Skip to content


仏原発で放射能漏れ=外部に影響なし via 時事ドットコム

フランス核安全局(ASN)は25日、仏電力公社(EDF)が運営する北部フラマンビルの原子力発電所で24日深夜(日本時間25日早朝)、国際原子力事 故評価尺度(INES)の「レベル1」に相当する放射能漏れが起きたと発表した。既に放射能漏れは止まり、作業員や外部への影響はないという。
事故が起きた原発は燃料補充とメンテナンスのため、7月下旬から運転を停止中。再稼働に向けた最終段階のメンテナンス作業中、放射能漏れが起きた。地元紙は放射能を含んだ蒸気が漏れ、従業員3人が避難したと報じている。

全文は 仏原発で放射能漏れ=外部に影響なし

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.