Skip to content


両陛下が除染作業視察 原発から25キロ福島・川内村 via 中国新聞

天皇、皇后両陛下は13日、日帰りで福島県川内村を訪れ、東京電力福島第1原発事故による放射性物質の除染作業を視察、生活再建を目指す住民らを励まされた。

川内村は事故後、約3千人の住民が全村避難。今年1月末に「帰村宣言」をしたが、多くの住民がまだ村に戻っていない。両陛下が訪ねたのは原発から約25キロ南西にあり、9月から民家約60戸の周辺の除染作業が始まった上川内早渡はやわた地区。作業員が樹木の枝を切ったり、建物の外壁を洗浄したりする様子を見て回った。

ジャンパー姿の天皇陛下は洗浄の水しぶきが舞う中、民家のそばまで近寄り、村の担当者に「(検出される放射性物質は)ほとんどセシウムですか」などと熱心に質問を重ねた。

除染作業にかかる期間や回収した落ち葉や土の処理、作業員の健康管理についても尋ね、担当者は「作業後に内部被ばくについても確認している」など と回答。両陛下は「ご苦労さまです」と作業員にねぎらいの声を掛け、除染後に民家の放射線量が半分に下がったのが確認されると「良かったですね」と話し た。

続きは両陛下が除染作業視察 原発から25キロ福島・川内村

♢ 関連記事:

両陛下が除染作業視察 福島・川内村、原発から25キロ via 北海道新聞(写真つき)

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.