Skip to content


福島原発収束作業に17歳少年使う 東電謝罪 via 中国新聞

東京電力は8日、福島第1原発事故の収束作業で昨年4月に働いた下請け企業の作業員の中に、当時17歳の少年がいたことが分かったと発表した。労働基準法では原発作業など危険な業務への18歳未満の就労を禁じており、松本純一まつもと・じゅんいち原子力立地本部長代理は「法的には雇用主に責任があるが、東電も本人確認が不十分だった」と謝罪した。東電によると、少年は昨年4月6~11日、鹿島(東京)の下請け企業の作業員として登録。2、4号機のタービン建屋に穴を開ける作業に従事した。この間の累積被ばく線量は1・92ミリシーベルトだった。その後、収束作業には従事しておらず、健康上の問題もないという。

続きは福島原発収束作業に17歳少年使う 東電謝罪

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.