成人2人が年20ミリSV超 福島・伊達の外部被曝線量 via 朝日新聞

福島県伊達市は、子どもや妊婦のほか、特定避難勧奨地点の住民を対象に実施した個人線量計による外部被曝(ひばく)線量の測定結果をまとめた。昨年 9~11月の3カ月間に計測し、線量計を回収できた9443人のうち、33人が年間推定10ミリシーベルト超だった。その中の2人は国の避難指示の目安と なっている同20ミリシーベルトを超えていた。

続きは成人2人が年20ミリSV超 福島・伊達の外部被曝線量

This entry was posted in *日本語 and tagged , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *