Skip to content


日本の原発の経済性に疑問点 越前市で考える会勉強会via Fukuishimbun Online

原子力・エネルギーの安全と今後のあり方を真剣に考える会の第3回勉強会が14日、福井県越前市福祉健康センターで開かれた。原子力政策に詳しく「原発のコスト」などの著書がある大島堅一立命館大教授が講演、多角的なデータを基に国内原発の経済性について疑問点を指摘した。

[...]

大島教授は原発立地地域への交付金など「社会的コスト」も含めた原発の発電コストは「(高コストとされる)地熱や風力発電と大差ない」と指摘。「福島のように事故に伴う多大な費用がかかることもある」とし、経済性への疑問を呈した。

続きは日本の原発の経済性に疑問点 越前市で考える会勉強会

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.