Skip to content


汚染米、カリウム濃度影響か 福島県と農水省が中間報告 via asahi.com

 福島県産のコメから国の暫定基準値(1キロあたり500ベクレル)を超える放射性セシウムが検出された問題で、県と農林水産省は25日、原因分析の中間報告をまとめた。基準超えのコメがとれた水田は、土のカリウム濃度が低かったり、浅い層にセシウムが多かったりといった傾向があった。カリウム肥料の少なさや深く耕せなかったことがコメのセシウム吸収につながった可能性が原因として考えられるとしている。

続きは 汚染米、カリウム濃度影響か 福島県と農水省が中間報告

◇参照地域ミーティング 放射能汚染からの農業再生 〜福島・南相馬市〜

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.