Skip to content


東電「臨界ではなかった」キセノン原因は自発核分裂 via msn.産経ニュース

(抜粋)

東電は、2日に明らかになった微量のキセノン検出を受けて、日本原子力研究開発機構の分析も併せ、原子炉内で臨界が起きたかどうかを判断するための分析を続けていた。

東電や経済産業省原子力安全・保安院は、溶融した燃料で局所的に臨界が起きた恐れは否定できないとしていた。

松本氏は「(自発核分裂は)停止中に見られる原発でもみられる現象だ」とした。

全文は東電「臨界ではなかった」キセノン原因は自発核分裂

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.