Skip to content


原発:「司法判断困難」 元担当裁判官10人が心情吐露 via mainichi.jp

2011年9月16日 20時29分 更新:9月16日 21時25分

東京電力福島第1原発事故の発生後、各地で原発の運転差し止めなどを求める提訴が相次ぐ中、原発の安全性を巡る過去の訴訟を担当した元裁判官10 人が毎日新聞の取材に応じた。ほぼ一様に原発の問題を司法の場で扱うことの難しさを吐露。住民勝訴が確定した訴訟はないが、事故を受け認識の甘さを認めた 元裁判官もいる。今後の司法判断について「裁判所の目は国や電力会社側に厳しくなる」との予測もあった。

毎日新聞は、過去の主な14件の訴訟にかかわった元裁判官36人に取材を依頼した。裁判官経験者が個人的思いを語るのは異例だ。

続きは原発:「司法判断困難」 元担当裁判官10人が心情吐露

◇ 関連英文記事:

Former judges say court cases involving nuclear plants were hard to judge via The Mainichi Daily News

Posted in *English, *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.