放射性物質、海への流出は東電推定の3倍と試算 via Yomiuri online

東京電力福島第一原子力発電所の事故で、海に流出した放射性物質の総量を1万5000テラ・ベクレル(テラは1兆倍)とする試算を、日本原子力研究開発機構の小林卓也研究副主幹らがまとめた。

東電が推定した値の3倍以上になっている。19日から北九州市で始まる日本原子力学会で発表する。

続きは放射性物質、海への流出は東電推定の3倍と試算

This entry was posted in *日本語 and tagged , , , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.