ノートに被害の記録を 群馬弁護士会 原発事故の損賠説明会 via 東京新聞

福島第一原発の事故による損害賠償の対象などについて政府が今月、中間指針を示したことを受け、群馬弁護士会(小渕喜代治会長)が二十日、前橋市内で説明会を開き、百人を超える避難者・被害者が集まった。

避難者向け説明で、損害賠償は「避難・警戒区域が対象で、自主避難は含まれていないが、さらに範囲が示される可能性がある」と指摘し、同弁護士会が作製した被災者記録ノートを避難者に配り、被害をこのノートに記録するよう勧めた。

続きはノートに被害の記録を 群馬弁護士会 原発事故の損賠説明会

This entry was posted in *日本語 and tagged , , , , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.