Skip to content


福島第1原発事故 平野復興担当相、帰宅困難な住民に長期間住める災害住宅の建設検討へ via FNN

平野復興担当相は21日、宮城・石巻市で、福島第1原子力発電所の事故で、今後、長期間にわたって帰宅が困難な地域の住民に対し、仮設住宅ではなく、長期間住むことができる災害住宅の建設を検討する考えを示した。
平 野復興担当相は「放射線量の基準を設定して、自宅に戻るまで時間がかかるところをできるだけ早く明らかにして、次の対策を考えるべきだ」としたうえで、 「(帰宅まで)長期間になりますと、仮設というよりも準仮設というか、一種の災害住宅みたいな形で建設して、そこに住んでもらうのか、次の計画を立てると いうことになると思います」と述べた。

続きは福島第1原発事故 平野復興担当相、帰宅困難な住民に長期間住める災害住宅の建設検討へ

◇ 関連記事:

警戒区域の一部、長期間居住困難に 首相が地元に説明へ :冷温停止後も解除せず via 日本経済新聞

警戒区域、一部は長期化 政府、土地買い取りも検討 via 47News

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.