原発再開「OKと言えぬ」 中部電の津波対策に周辺市長 via asahi.com

中部電力浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)の津波対策として同社が示した高さ18メートルの防波壁建設などに関し、原発から20~30キロ圏にあ る同県袋井市の原田英之市長は28日の定例記者会見で、「福島第一原発事故の原因が分からないうちに、防波壁を造るからといって(再起動を)OKとは言え ない」と述べた。原田市長は津波対策について、「安全対策が強化される」と一定の評価をしつつも、「直下型地震の安全確保の検証が不十分だ」と指摘した。さらに、浜岡原 発の将来のあり方については「電力が必要とされる今の時期を乗り越えることができたら、あえて危険を冒して再起動する理由がない」と述べた。

続きは原発再開「OKと言えぬ」 中部電の津波対策に周辺市長

This entry was posted in *日本語 and tagged , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.