放射性物質:効率よく吸着できる新材料 研究機関が開発 via Mainichi jp

物質・材料研究機構(茨城県つくば市)は27日、放射性汚染水に含まれるヨウ素やストロンチウムを効率よく除去できる新しい材料を開発したと発表し た。東京電力福島第1原発では大量の汚染水を浄化するシステムの稼働率向上が課題となっている。今後、日本原子力研究開発機構と協力して実用化を急ぐ。新材料は、直径2~20ナノメートル(ナノは10億分の1)の無数の穴が規則的に並んだシリカ(酸化ケイ素)で、穴の内壁に特殊な化合物を敷き詰めたもの。化合物の種類を変えることにより、ヨウ素またはストロンチウムを化学的に吸着できる。

続きは放射性物質:効率よく吸着できる新材料 研究機関が開発

This entry was posted in *日本語 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.