除染技術開発で日米共同研究 / 福島原発視察の米補佐官 via ひびの 佐賀新聞

米ホワイトハウスで科学技術政策を担当するホルドレン米大統領補佐官は24日、共同通信と会見し、福島第1原発周辺の住民が「できるだけ早く自宅や職場に 戻れるよう事故収束と除染について協力する」と述べた上で、効果的で経済性がある除染の新技術開発へ向け、日米で共同研究を進める方針を明らかにした。

続きは除染技術開発で日米共同研究 / 福島原発視察の米補佐官

This entry was posted in *日本語 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

3 Responses to 除染技術開発で日米共同研究 / 福島原発視察の米補佐官 via ひびの 佐賀新聞

  1. yukimiyamotodepaul says:

    効果的は分かるけど、「経済性」。。。モンゴルを初め、核廃棄物の処理場の周りにも活用して頂きたい。

Leave a Reply

Your email address will not be published.