低放射線も高いがん死亡率 非被爆者と比較調査 via 47 News

広島で被爆した人のうち、浴びた放射線が少量で健康に影響が少ないとされた人でも、被爆していない人よりがんで死亡する率が高いことが、名古屋大情報連携基盤センターの宮尾克教授(公衆衛生学)らの研究グループの4日までの疫学調査で分かった。

研究結果は、9月15日発行の日本衛生学会の英文雑誌で発表する。

続きは低放射線も高いがん死亡率 非被爆者と比較調査

This entry was posted in *日本語 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.