Skip to content


福島医大副学長に山下、神谷両氏 via KFB 福島放送

2011年07月09日 09時21分配信

福島医大は8日、長崎大大学院医歯薬学総合研究科長(教授)の山下俊一氏(59)と、広島大原爆放射線医科学研究所長(教授)の神谷研二氏(60)が15日付で福島医大副学長に就くと発表した。

両氏は県が東京電力福島第一原発事故を受けて任命した放射線健康リスク管理アドバイザー。

福島医大は長崎、広島両大と、放射線関連の教育、研究、診療分野での連携協定を結んでおり、両氏は既に福島医大の特命教授を務めている。

福島医大は放射線の影響に関する健康管理の態勢整備や人材育成に向け、両氏に副学長として全学を見渡しながら指揮を執ってもらう目的で就任を要請した。

山下氏は常勤職で、長崎大での勤務を休職して県内に転居する。

神谷氏は非常勤。

副学長は現在の1人と合わせて3人となる。

福島医大副学長に山下、神谷両氏

 

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. norma field says

    なぜ「ミスター大丈夫」(山下氏)が任命されたのか。



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.