セシウム汚染牛:「福島で畜産ができない」農家は悲鳴 via 毎日jp

 またしても肉牛の汚染が問題に--。14日、高濃度の放射性セシウムを含む稲わらを食べさせていた福島県浅川町の農家から、4月8日以降に牛42頭が出荷されていたことが分かった。しかも稲わらがあったのは福島第1原発から75キロも離れた白河市。県内の農家は「このままでは福島で畜産ができない」と悲鳴を上げ、消費者は後手に回る国の対応に不信感を募らせた。続きを読む
【関連記事】
セシウム汚染牛:福島県浅川町でも 42頭が市場に流通

セシウム汚染牛:「福島で畜産ができない」農家は悲鳴

This entry was posted in *日本語 and tagged , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.