Skip to content


全原発の停止・廃炉を要求へ 日本被団協が方針転換 via asahi.com

広島、長崎の被爆者でつくる日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)は13日、すべての原発の操業を順次停止し、廃炉にするよう国に求める今年度の運 動方針を正式決定した。日本被団協は1956年の結成以来、原子力の平和利用を否定しない方針をとっており、大幅な転換になる。

記者会見した田中熙巳(てるみ)事務局長らによると、運動方針では「福島原発事故は原子力発電に依存するエネルギー政策の破綻(はたん)を示した」と指摘。原発の増設計画を中止し、現存する原発については「年次計画を立てて操業停止・廃炉にするよう要求する」とした。

全原発の停止・廃炉を要求へ 日本被団協が方針転換

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.