Skip to content


シンポジウム:内部被ばく考える 国の「過小評価」に異議を 研究者らが意見 /京都 via Mainichi jp

◇矢ケ崎さん「晩発性がん発生の危険」

◇高橋さん「日米政府は被害を軽視」

◇山下さん「海産物汚染、監視強化を」

放射性物質が体内に入る内部被ばくの危険について、米国の水爆実験でマグロ漁船「第五福竜丸」などが被ばくした「ビキニ事件」(1954年)など を検証しながら考えるシンポジウムが3日、京都市南区であった。広島・長崎の原爆以来、日米政府が加害者側に立って内部被ばくを無視し、被害の過小評価が 東京電力福島第1原発事故でも続いている問題の重大さを研究者らが指摘した。【太田裕之】

続きはシンポジウム:内部被ばく考える

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.