Skip to content


子に体調異変じわり via 東京新聞

「上の子が一週間くらい毎日大量に鼻血が出続けていたので心配で…。下の子も、時期は違うけれど、やはり一週間くらい鼻血が出て」。思い詰めた表情で母親(三九)が、医師に相談していた。
NPOの法人「チェルノブイリへのかけはし」が十二日、福島県郡山市で開いた医師による無料問診会。放射線被害を心配する親子連れ計五十組が参加した。同市は福島第一原発から約五十キロ。

 

 

本文はこちら

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. yukimiyamotodepaul says

    不安を煽るつもりはないけれど、こうの史代さんという漫画家の方の「夕凪の町 桜の国」で、被爆二世の女の子が鼻血を出すと、祖母がすごく心配するという一コマがあり、広島では、そういうことがあったことも思い出しました。すごくショック。しかも「放射能との関係不明」という見出しにも。。。掲載、ありがとうございました。



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.