内部被ばく 東電、甘い計算法主張 via 毎日jp

◇厚労相「内部被ばく100ミリシーベルト限度」
 東京電力福島第1原発で、限度を超えた被ばくをする作業員が相次いでいる。特に放射性物質を体内に取り込む内部被ばくが深刻だ。細川律夫厚生労働相は14日、内部被ばくが100ミリシーベルトを超えた人を作業から外すよう東電に指示したが、被ばく量の算定を巡って東電と厚労省が対立、作業員の安全を優先した対策が遅れた。作業の長期化が避けられない中、被ばくの実態把握さえおぼつかない現状は、東電が工程表で公約した復旧作業にも影響しかねない。

Continue reading at 内部被ばく 東電、甘い計算法主張

This entry was posted in *日本語 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.