『飯舘村長、全村避難で政府を批判 「実態を甘く見ている」』 via 47ニュース

 福島第1原発事故で「計画的避難区域」に指定され、5月下旬をめどに全村避難を求められている福島県飯舘村の菅野典雄村長が3日、共同通信のインタビューに応じ、政府の方針について「あまりにも一方的だ。地方の実情をまったく分かっていない。村の生活実態を甘く見ているのではないか」と強く批判した。

続きは『飯舘村長、全村避難で政府を批判 「実態を甘く見ている」』から。

This entry was posted in *日本語 and tagged . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *