Skip to content


『原発反対が急伸 47カ国・地域 世論調査』 via 東京新聞

 各国の世論調査機関が加盟する「WIN−ギャラップ・インターナショナル」(本部・スイス・チューリヒ)は十九日、福島第一原発事故を受けて世界の四十七カ国・地域で実施した世論調査結果を発表した。

 原発反対は事故前の32%から11ポイント上昇して43%となる一方、支持が57%から8ポイント下落して49%となり、賛否の差は25ポイントから6ポイントに縮まった。

 調査は三月二十一日〜四月十日、日本やパキスタンを含むアジア各国のほか、北南米、欧州、アフリカなど計三万四千人以上を対象に行われた。

 同社専門家は「原子力は過去十年、国際世論の安定した支持を得ていたが、世界の多くの人々が福島の事故を懸念して反対へ立場を変えたことになり、今後は議論が活発化しそうだ」と分析した。

続きは『原発反対が急伸 47カ国・地域 世論調査』から。

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.