『原発推進学者が次々懺悔 「国民に深く陳謝する」』 via J-CASTニュース

東京電力の福島第1原子力発電所の深刻な事故を受け、政府の原子力安全委員会の歴代委員長を含む原発推進派学者の重鎮たちが原発の「安全神話」崩壊に懺悔を繰り返している。特に元原子力安全委員長の松浦祥次郎氏や前原子力委員会委員長代理の田中俊一氏ら原発推進の学者16人がこのほど、異例の緊急提言を行った。

「原子力の平和利用を先頭だって進めてきた者として、今回の事故を極めて遺憾に思うと同時に国民に深く陳謝する」との謝罪を前面に掲げた提言の内容は政府や東電の発表よりも今回の事故を深刻に受け止めており、緊迫感が伝わってくる。

続きは『原発推進学者が次々懺悔 「国民に深く陳謝する」』から。

This entry was posted in *日本語 and tagged , . Bookmark the permalink.

9 Responses to 『原発推進学者が次々懺悔 「国民に深く陳謝する」』 via J-CASTニュース

  1. Norma Field says:

    なぜこの「緊急提言」がメジャーのメディアに乗っていないのか。また、英語圏では全く出てこないのも残念。

Leave a Reply to Norma Field Cancel reply

Your email address will not be published.