Skip to content


『「やせた犬、ノイローゼの馬……」震災1カ月 原発5km圏内で見た被災動物の悲劇』 via 日刊サイゾー

 3月11日に発生した東日本大震災の巨大津波によって、日本は未曾有の危機を迎えている。人間社会の便利さを支える電力。それを生み出す発電所の事故によって、交通・産業・環境などにさまざまな被害がもたらされた。その陰に、見過ごすことのできない別の被害者がいる。それは福島第一原発周辺のエリアに取り残された動物たちだ。

 震災から約1カ月後の被ばく被災地を歩いたフリージャーナリストの丸山ゴンザレス氏に、5km圏内に残された動物たちの現状を聞いた。

続きは『「やせた犬、ノイローゼの馬……」震災1カ月 原発5km圏内で見た被災動物の悲劇』から。

Posted in *日本語.

Tagged with , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.