『原発災害支援担当相新設へ 海江田氏兼務、賠償問題調整』 via asahi.com

 菅直人首相は11日、東京電力福島第一原子力発電所の事故をめぐる賠償問題に対する取り組みを強化するため、原発災害支援担当相を新設する方針を固めた。原発を所管する海江田万里経済産業相に兼務させる。一両日中にも閣議決定し、公表する方向だ。

 政権は担当相新設に併せ、東電の賠償問題に関する対策本部も新設する。担当相は政治判断が求められる東電と国の負担割合などの調整にあたる方向だ。

続きは『原発災害支援担当相新設へ 海江田氏兼務、賠償問題調整』から。

This entry was posted in *日本語 and tagged . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.