Skip to content


『焦点:電力制約長期化で強まる空洞化と需要の流出』 via ロイター通信

 [東京 6日 ロイター] 東日本大震災による電力供給不足が数年にわたり続く見通しが強まり、生産の空洞化や需要の海外流出が進むとの観測が浮上している。震災の影響が長期化するほど海外シフトの動きが強まるとみられ、日本の経済規模縮小への懸念が強まっている。

 こうした事態を回避するには、電力制約の早期解消に加え、日本への再投資を促す規制緩和など環境整備が急務だ。 

  <電力制約は数年継続、供給ボトルネック続く> 

続きは『焦点:電力制約長期化で強まる空洞化と需要の流出』から。

Posted in *日本語.

Tagged with , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.