Skip to content


『福島県相馬市 東日本大震災による災害情報』 on 相馬市ホームページ

立谷市長が3月24日発行のメールマガジン(No.248)で、今回の災害について考えを述べていますので、その内容を掲載します。

ろう城

まず今回の地震津波で亡くなられた多くの方々のご冥福を祈りたい。
相馬市の場合、地震の揺れが終わった直後に災害対策本部を召集し、津波からの避難呼びかけと誘導を指示した。海岸部の5027人の家屋が流出て瓦礫となったが、亡くなった方は約一割。多くの方を避難させた消防団の方々に、心から感謝と敬意とお詫びを申し上げなければならない。避難指示、あるいは誘導の業務により逃げ遅れ、殉職された団員が7人。この方々の尊い命と引き換えに守られた、多くの市民の生活と郷土の再建に死力を尽くすことが、私のせめてもの償いと思っている。

続きは『福島県相馬市 東日本大震災による災害情報』から。

Posted in *日本語.

Tagged with .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. kai yuji says

      立谷市長殿

     報道を拝見致しまして、仲間と何か出来ればと考えております。可能な事はしたいと思っておりますので、宜しかったらお聞かせ下さい。また近隣市町村はどうでしょうか?もしそのあたりの状況が少しでも解ればやはり、出来る事をしたいと考えております。宜しくお願い致します。

     出来る限り早い復興を心からお祈り申し上げます。

                                                
                                                 2011/04/02

                                                神奈川県 甲斐 祐治 他仲間



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.