Skip to content


『「幹細胞の事前採取を」作業員大量被曝に備え、専門家が提言』 on yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

 福島第一原発の作業員らが全身に大量被曝(ひばく)をして「造血幹細胞移植」が必要になるような不測の事態に備え、作業員自身の造血幹細胞をあらかじめ採取して冷凍保存しておくよう、専門医が提言している。

 移植の際、免疫拒絶反応を防ぎ治療の可能性を高めるためだ。

続きは『「幹細胞の事前採取を」作業員大量被曝に備え、専門家が提言』から。

Posted in *日本語.

Tagged with , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.