Skip to content


『特集ワイド:危険を承知で、フォトジャーナリストは原発の町へ』 via 毎日jp

 ◇情報の遅れと過小評価が怖い
 依然、予断を許さない東京電力福島第1原発。放射性物質という目に見えない「危険」から逃れるように、周辺市町村からの集団避難は続く。そうしたなか、まだ騒ぎが拡大する前に、現場近くに入ったのがフォトジャーナリストの広河隆一さん(67)。チェルノブイリ原発での取材経験のある広河さんは「情報伝達の面で課題を残した」と警鐘を鳴らす。【根本太一】

続きは『特集ワイド:危険を承知で、フォトジャーナリストは原発の町へ』から。

Posted in *日本語.

Tagged with .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.