Skip to content


『 緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)の試算について』 by 内閣府原子力安全委員会

 原子力安全委員会では、3月16日より、緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)による試算のために、試算に必要となる放出源情報の推定に向けた検討をしてまいりました。3月20日から陸向きの風向となったため、大気中の放射性核種の濃度が測定でき、限定的ながら放出源情報を推定できたことから、本システムの試算を行うことが可能となりました。
 これをもとに試算した結果は、別紙のとおりです。

PDFは、『 緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)の試算について』から。

Posted in *日本語.

Tagged with .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.